×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

総則

第1条 このサイトは、日本国内において生活するすべての国民を対象とする。

第2条 このサイトに関するすべての記載事項は管理人がすべて責任を負う。
但し、学校に関する情報などについては学校側の変更などを踏まえこの限りではない

第3条 このサイトは、WINDOWS,Mozilla Firefoxの環境を基準に作成することとする。

第4条 管理人に連絡をとる場合はこちらに送信することを求める

第5条 このサイトの目的は管理人の学生生活の報告と自己のモチベーション維持であるが
閲覧者および関係者の著作権侵害、プライバシー侵害のないよう努めなければならない

おまけ-このサイトのタイトルについて-

「士,別れて三日なれば,括目してあい待すべし」
というのは三国志上にて呉という国にいた「呂蒙」という実在の
人物が言ったセリフでことわざにもなってます。

これは勇猛だけが取り柄で学問にうとかった呂蒙に対し主君である「孫権」が
「おまえは武勇にはすぐれているが、それだけでは部下を統率する事は難しい
わしも時間を見つけては勉強しておる。一度お前も勉強してみてはどうか?」
と助言した。それを受けて呂蒙は人が変わったように勉学に励んだ
のちに呉の軍師である「魯粛」がまるで別人のように知勇を兼ね備えた人物へ
成長している呂蒙に驚き「もう呉下の阿蒙(呉の蒙ちゃん)とは呼べないな」
と賛辞しました。それに対して呂蒙が「士、別れて三日なれば、刮目してあい待すべし!
(男子たるもの三日会わなければ、よくよく目をこすって相手を見なければならない」
と返し再び、魯粛を驚かせたということです。
後に呂蒙は呉を引っ張る軍師へと成長し、三国志上最も名将といわれる「関羽」を
見事な計略で討ち取っている。

これまでの僕も演奏一辺倒のギター弾きであったので
彼のように世の中で戦っていける知識をつけていきたく思い
こんなタイトルにしました。
また、三日ごとに自分でもわかるぐらい成長できればな〜とも思ってます。

Copyright (C) 2006 jyuniku , All rights reserved.

中央大学 通信教育部 法学部 レポート スクーリング 単位 学生 法律 日記 履修記録 通教

omo